Protect Against Russia-Ukraine Cyber Activity

ランサムウェアの脅威評価:『2021 Unit 42ランサムウェア脅威レポート』の手引き

A conceptual image representing ransomware, such as the families covered in this package of ransomware threat assessments.

This post is also available in: English (英語)

ランサムウェア攻撃のスコープを評価し、リスクを軽減する実行可能な手順を提供するため、Unit 42とCrypsisインシデントレスポンスチームは協力して2020年のランサムウェア脅威の状況を分析しました。Unit 42のもつグローバルデータとCrypsisの米国、カナダ、ヨーロッパでのデータをふくむ2021 Unit 42ランサムウェア脅威レポートには、次のような主要なランサムウェアの傾向、亜種、予測の詳細などが解説されています。

  • ランサムウェアがCOVID-19のパンデミックをどのように利用しようとしたか、脅威アクターのアプローチの変化、ターゲットプラットフォームに関する情報など、2020年のランサムウェアの状況の観測。
  • 米国、カナダ、ヨーロッパの組織からの平均的なランサムウェアの支払い額。
  • 亜種の使用がどのように増加するか、身代金の要求額がどのように高まる可能性があるかなどの考えを含む、ランサムウェアの将来の予測。さらには、脅威アクターがサービスとしてのランサムウェアモデル(RaaS)をどのように活用するかについての詳しい説明。
  • リスクを最小限に抑え、組織を攻撃から保護する方法に関する実用的なガイダンス。

ランサムウェアの現在の状態と組織を安全に保つ方法の詳細については、2021 Unit 42ランサムウェア脅威レポートをダウンロードし、4月27日開催のウェブキャストに参加してください。

主要なランサムウェアファミリの詳細については、以前に公開されたMazeRyukWastedLockerEgregorの各ランサムウェア脅威評価を参照してください。

以下のページからは、本レポートで取り上げられたランサムウェアファミリの詳細な脅威評価をご確認いただけます。

続きを読む: NetWalker

トップに戻る